毎日の腹筋と漢方薬で、皮下脂肪・内臓脂肪を減らす

内臓脂肪が気になる今日この頃

私は、健康診断等で太り過ぎとか肥満等と言われた事はありません。
大体標準体重かやや下回る位をずっと保っています。

ですが最近、体形がずいぶん変わってきたなと自分で思い始めました。
どうやら、内臓脂肪がついてきたみたいです。

実は、私だけじゃなくて、主人もです。

内臓脂肪を減らすには、どうしたらいいだろうと考え、夫婦でいくつかの事を実践中です。まず一つ目は、腹筋です。

腹筋をすることで、インナーマッスルを鍛え、内臓脂肪を減らそうという魂胆です。

いま流行りの腹筋マシーンを使えば、楽にできます。
私は、毎日50回を日課にしています。

面倒くさいなあと感じる事もたびたびですが、腹筋は結果が出やすいですね。1か月も経過した頃には、お腹まわりがすっきりしてきました。

筋肉量が増えると、代謝も上がると言いますし、これはもう少し続けてみる価値ありだと思っています。

自分が気を付けている事です。

普段から気を付けている事があって、それは、食事です。極力脂っこい物は食べません。

と言っても私は牛肉や鶏肉が好きなので、全く食べない訳ではありません。
1度の食事で食べ過ぎない様にする事と1日の食事で観た時に、1食だけは油物を食べています。

勿論、量は少なめです。間食もしませんし。ジュース類も殆ど飲みません。

しかし何度も言う様に、全く飲まない訳ではなく飲みたい時に飲みますが、1日に何本もジュースを飲んだり、連日飲んだりと言う事を避けています。

ですので、食事は肉や魚も食べますが、野菜とお米を主に食べています。
後は仕事の関係もありますが、デスクワークの仕事ではありませんので、事務職の方よりは、摂取したカロリーを消費出来ていると思います。

そして水分補給をこまめに採っています。

冬場でも1日に2Lの水を飲む様に心がけています。

とくに特保のお茶です。

最近は、いろんな特保のお茶が出ていますね。

ちょっとお高いのが難点ですが、これを食事と一緒に飲むようにしています。
脂肪と糖の吸収を抑えるそうです。

やれることは、なんでもやってみようの精神でやってみようと思っています。

それと伴い行っていること

食事気をつけていますが、やっぱり皮下脂肪・内臓脂肪対策において、毎日腹筋することが効果的であると思います。

私の母も、皮下脂肪に悩み、ポッコリとした下腹を見て嘆いていました。なので、主人と3人で一緒に腹筋を始めることにしました。

始めはあまり乗り気でなかった母も、テレビのコマーシャルになったら、一緒に腹筋をすることにしました。

毎日少しずつ腹筋をすることで、母の下腹のポッコリも少しずつ引っ込んでいくようになり、今では自分から進んで腹筋をしています。もし悩んでいる人がいたら、腹筋を始めてみてほしいです。

始めはあまり乗り気でなかったり、取り掛かるまでが嫌だったりするかもしれません。しかし、勇気をもって始めてみて、効果が少しずつ目に見えてきたら、とてもうれしくなると思います。
食生活を見直すことも大切かと思いますが、食事を制限しすぎたりすると、ストレスを感じたりしてしまったりします。

そのストレスがよけいに暴飲暴食につながってしまえば、元も子もありませんのでストレスにならない程度に行っています。

メタボにならないためには

なににせよ成人病は予防できるので、日頃から対策を練っておいた方がいいんですよね。

例えば、私の場合、食事に気を遣って、暴飲暴食は絶対にしません。

元々、お酒は飲まないので暴飲はないのですが、暴食はストレスが溜まるとやっていたことがあります。

常に腹八分目を心がけることで、胃腸の調子が良くなってきます。

それから、適度な運動も。

事務作業をしている人は、なかなか動かないので、休憩時間だけでも動くようにすることをお勧めします。
私も在宅でパソコン作業しているので、あまり動きません。

時間を決めて散歩をするようにしています。一時間くらい外を歩いてくると、気分転換にもなります。

あとは、できるだけ動きを意識することです。

座りっぱなしにならないように、何かと用事を見つけて立つようにしています。

飲み物を飲むためにキッチンへ行ったり、洗濯物を取り込むためにベランダへ行ったりというような感じです。

立ち上がる時間を決めておくと、座りっぱなしの時間を短くできます。

とわいってもなかなか上手く思い通りにいかないこともあります。

そんなときのお助け役

体系が変わった時に食事や運動と共に始めたことがあります。
それは漢方薬を飲むことです!

漢方薬と言ってもいろんな種類がありますが私が服用しているのは防風通聖散という漢方です。

防風通聖散は内臓脂肪や皮下脂肪に効果覿面でデトックスや便秘の改善、排尿など体内の余分なものを外に出してくれる効果があるのです。

今飲み始めて2ヶ月が経とうとしていますがカラダに効いているのかトイレの回数も増えて汗もよくかくようになりました。
運動や食事管理もしているからかもしれませんが約2ヶ月で体重が-3kgになったのです。

防風通聖散を飲む前はサプリメントを半年間飲んでいましたがあまり効果が見られず、防風通聖散に乗り換えてからとても効果が出てきたのかカラダが軽くなったような感じでした。

近所のドラックストアの薬剤師さんにきいた所、防風通聖散さんは漢方薬なので長期服用が必要なんだそうです。なので短期でダイエットを目的としている方には向かないそう。即効性はないですが確実に痩せたい方にオススメしたいです。

ちなみに購入方法はドラックストアやネット通販などで簡単に手に入ります。

副作用が低いと言われる漢方でもまれに副作用が出てしまう人もいます。
カラダのコンディションが良い時に飲むようにしてみてください!

ダイエットは無理をしない事、無茶をしない事、突飛な事をしない事

一つ「産業」として成り立っている側面がある為に仕方のない事ではありますが。

世に数多に存在するダイエット法。

本来は千差万別でそれぞれに合った方法を探すのがベストでしょうが、これが流行るととこれ、あれが流行るとあれ…となってしまうのが一般的です。

私は「ダイエット」というのは認識に留めておくのが一番と思っています。

例えば「太ってきたから痩せたい…」と思うのは誰しもが思う事ですし当然の生理だと思います。

身体が重い、前日の疲れが残りやすくなっている、若い頃と明らかにできる事が減っている…等。感じたら「解消したい」のは当然と言えます。

が、例えばある一つの「ダイエット法」を提示されてそれを実践する事にします。多分、個人差はあるでしょうがそれなりの成果を得る事もあるでしょう。が、「いつまで続けるか」というのは大体の人が考えません。

一方で「痩せたい・健康になりたい」というのはほぼ生きてる間は永久に続く欲望であると思います。死ぬまで…では無いにしても「10年これからずっと続けられるか」はたまた「5年」。

ある食品のみを食べ続けるダイエット、ジョギングをするダイエット、呼吸法で痩せるダイエット。

向こう何年も毎日同じものを食べる事、スポーツという日課を生活の中に新たに組み込む事、効果が如実に目に見えないダイエットを継続する精神力を持ち続ける事は過酷です。が、必ずこの壁は待って居ます。

なので私はダイエットはあくまで「心に常に刻み付けておく認識」として考えるべきだと思っています。

始めてみたが結局やめてしまい、辞めた直後に前より太り、ダイエット熱は一気に冷める…。

こういった「心のリバウンド」を避けるためには「自分が自分とどう付き合っていくか」をまず考えるべきだと私は思っています。
これ無くしては何を始めても先に待っているのは「心と体のリバウンド」だと思うのです。

とは言えストイックに日々「痩せよう・健康でいよう」と悩み思う必要は無いかと思います。

例えば食事療法ならば普段食べているものに少し加えられるものを選んでみたり、スポーツもただただ「鍛える・絞る」のではなく「楽しめる競技」を趣味としてはじめみたり等でいいと思うのです。

もし究極のダイエット法があるとするならば「気が付いたら痩せていた」という位のスタンスで健康を手に入れるのが長く続ける秘訣です。

こうして健康的な生活を送っていると、リスキーな飲食スタイルや自堕落な生活を送らないようにする習慣はおのずと身について行きます。

ですので、「自分できそうな、楽しめそうな、ずっと続けられそうな事」をまず模索する事を健康法、ダイエット法として私はお勧めしたいです。

最近ハマっているお酢を入れた健康ジュース

ダイエットをしながら身体に良いものを取り入れようと先日、蜂蜜入りの黒酢をデパートで購入したのですが、残念ながらそのままでは飲めない味でした。

正直なところ、黒酢に蜂蜜はミスマッチです。

それなりのお値段でしたし無駄にするのは嫌なのでオリジナルのジュースを作ってみたところ、すごく飲みやすくなりました。

レシピは、100%フルーツジュース(フルーツは何でも良いと思いますが、私はフルーツミックスが一番好きです。)をグラス三分の一ほど入れ、氷をたっぷり入れます。それから炭酸水(砂糖などが入っていないもの)を注ぎ、例の黒酢を大さじ一杯ほど入れて軽くまぜて出来上がりです。

コツは氷をたっぷり入れて冷やす事と、炭酸は強めのものを使う(封を開けて時間が経ったものは使わない)事です。夏の暑い日はお酢の酸味がとくに美味しく感じられます。

ちなみに高い黒酢を買わなくても普通のお酢も健康に良いので、同じレシピで作って飲むのもおすすめです。
ただ、普通のお酢は酸がキツイので小さじ1杯程度にした方が良いと思います。

夏のあつーい日にぜひ飲んでみてください。

健康に血圧は大事です

ちなみに健康について気になる方は、血圧を測っているでしょうか?

健康診断で血圧が高いといわれた方は、塩分摂取に注意しいましょう。辛いものばかり食べていると血圧があがります。

調味料は減塩しょうゆを使います。

また醤油スプレーを使ってたっぷりと醤油が素材につくのを防ぎます。

血圧が高いと脳卒中や脳こうそくになりやすいです。怖い病気で障害が残ってしまうこともあります。

もちろん命の危険性があります。

薄味だとおいしくないと思っている方もいますが、慣れるとおいしいです。食材がもっている本来の味が楽しめるからです。ラーメンやうどんが好きな方は、やめるのは難しいのでスープを残しましょう。

ラーメンでおすすめなのがリンガーハットの、野菜たっぷりラーメンです。

野菜がどっさりでおなかいっぱいになります。家でラーメンを作るときは野菜をいっぱい使いましょう。

カリウムをとると塩分が排出されるので、ぶどうやバナナ、りんご、キウイを食べましょう。

最後に成人病にならない身体作りの秘訣

体流に気をつける。
何のことだか分からないかも知れないですが、非常に大切なことなんです。

体流とはそのままに捉えて、体の流れを作るという事です。
どういうことかと言いますと、血液などの体液は体に滞りが始まるとドロドロと流れが悪くなります。まるでそれまで綺麗だった川が、ドブ川に変わるイメージが当てはまると思います。

どうするとそんな風になってしまうのでしょうか?少し前から成人病が社会問題になってきていますが、近代の発展のおかげで一昔前より快適に生活することが出来るようになりました。電車や車などの乗り物が出来て移動手段が格段に向上しました。

また、コンビニやスーパーなど手軽に食料を入手出来るようになり、食に困らないなんでも手に入る世の中になりました。

一昔だと、現在のように交通機関も充実していなかった為に乗り物に頼らず歩くという事をしていたと思います。要するに体を良く使っていたと思います。食べ物も一昔だと現在のように豊富ではなかった為、自然な食物を摂取していたでしょう。

そに為、昔の人の体は綺麗な川のように体液の流れはサラサラの流れで健康的だったと思います。

これは、良く体を動かしていたのと健康的な食事だった為です。現在では、移動手段は乗り物が多く、食事もコンビニ弁当など添加物を多くふくまれた物を摂取する事が多くなった為に体を動かさないのに不健康な食事のせいで体の流れはドブ川のようによどみいろいろな病気を招くきっかけになっていると思われます。

このように不健康な生活週間が、成人病の最大の原因です。対策としては、良く運動する事と健康バランスのとれた食事を摂る事です。

そうすることで体内の体液はサラサラとなり、より良い体流を作ることができます。

そして、健康的で幸福な生活を得ることができるでしょう。